レーザー治療

ニキビ跡を消す方法として、レーザー治療があります。レーザー治療にはクリアタッチ、アクネブルー、ダイオードレーザーなどの治療があります。それぞれの治療法を見て行きましょう。

クリアタッチは、複数の波長のフラッシュランプを発信するニキビ跡を消すレーザー治療であり、この方法は赤みのあるニキビ跡、なかなか治らないニキビ跡を根本的に治療できる方法です。この方法には皮脂の過剰分泌を抑える効果もあるため、メラニンを自然に分解していくことが出来ます。

アクネブルーは、ニキビ跡を消すための新しい治療法です。紫外線を含まないか施工を肌に照射することで、ニキビ跡を消すことができます。ニキビ菌は、代謝の過程でプルフィチンという毒を作るのですが、アクネブルーによる治療では特殊な光を毛穴に送り込むことによって、ニキビ菌を殺菌する事ができます。紫外線フリーであるため、副作用がほとんどない治療法として注目されています。

最後のダイオードレーザーという治療法は、従来の方法でニキビの跡を消すのに失敗したものを再度消すのに最適の方法といわれています。ダイオードレーザーはこれまでニキビ跡を消すことに苦労してきた人には救世主的存在となっています。毛の組織にダメージを与えることによってニキビ跡を消す方法であり、副作用のない治療法です。

ダイオードレーザーはピーリング法のように皮膚にダメージを与えることのない方法であり、レーザー光を皮膚の深くまで照射します。レーザー治療をした後にはニキビや吹き出物が減ることも注目に値します。

カテゴリー: ニキビ跡を消す方法 | タグ: | コメントする

FGF治療

ニキビ跡を消す先端技術に、FGF治療というものがあります。FGFとは線維芽細胞増殖因子と呼ばれるものです。

FGF治療では、でこぼこになったニキビ跡の治療に効果があります。FGF治療では、CO2レーザーを使ってニキビ跡のでこぼこの、盛り上がった部分を滑らかにし、くぼんだ部分にFGFを塗布します。そうすることでコラーゲンの生成を促すことで、ニキビ跡を滑らかにすることで、ニキビ跡を消すことができるのです。

より具体的に述べるならば、FGFにはコラーゲンやエラスチンを生み出す真皮の構成細胞である繊維芽細胞の働きを活性化します。したがって、FGFを注入する事でニキビのくぼみの部分で失われた真皮の機能を補い、皮膚の再生を促し、くぼみを埋めるのです。

FGF治療の結果には個人差があるものの、一般的に1回の治療でかなりの盛り上がりが見られます。治療後12週間後になると皮膚は再生が始まっており、改善を実感できる人が多いです。でこぼこのくぼみが浅い場合にはレーザーだけでも目立たなくすることが出来ますが、FGF治療では体内にもとから存在する因子を活性化する事によって治療を量るため、副作用が出ることはありません。

ネットなどの口コミをみると、長年ニキビ跡に悩んでいた人が悩みから解放されたという口コミをよく目にします。特に、ピーリング治療やレーザー治療によって改善できなかったニキビ跡が改善されたという口コミが目を引きます。

より確実性の高い方法として、従来の方法で改善できなかった人は挑戦してみる価値が十分にある方法と言えます。

カテゴリー: ニキビ跡を消す方法 | タグ: | コメントする

ダイヤモンドピーリング

ニキビ跡を消したいと願う人は多いと思いますが、ニキビ跡を消す治療方法の一つにダイヤモンドピーリングというものがあります。

ダイヤモンドピーリングとは、英語で書けばDiamond peelingであり、peelingとは皮をむくという意味です。つまり、ダイヤモンドピーリングとは、ダイヤモンドの微粒子が付着した金属の棒で肌を吸いながら、特殊なスポンジの振動によって肌を均一に削っていきます。ダイヤモンド(diamond)を用いた器具を使って肌を削っていく(peeling)するのです。肌を削るとは言っても奥深くの真皮を削ると言うのではなく、表面を覆っている古い角質を削っていくのです。ダイヤモンドの粒子の大きさによって削り取る深さを調節する事が出来ます。

この他のニキビ跡を消す方法としてケミカルピーリングという薬剤を用いて角質を削る方法がありますが、ケミカルピーリングでは瞼や口元などといったデリケートな部分に施術する事が出来ませんでした。しかし、ダイヤモンドピーリングではデリケートな部分のニキビ跡も消すことが出来ます。

ダイヤモンドピーリングで古い角質を均一に削るのと同時に、レーザー治療と併用することでニキビ跡を確実に消して行くこともできます。

ダイヤモンドピーリングでは角質層を削り取るため、肌がデリケートになります。そのため、紫外線やアレルゲンなどによって容易にダメージを受けてしまう敏感肌になってしまう事が多いため、施術後には化粧水や美容液、保湿クリームなどを使って保護する事が大切となります。

カテゴリー: ニキビ跡を消す方法 | タグ: | コメントする

ケミカルピーリング

ニキビ跡を消す方法にはいろいろありますが、ここではケミカルピーリングという治療方法を紹介します。

ケミカルピーリングの意味は、その綴りを見れば良く分かると思います。英語で書けばChemical peelingであり、chemicalとは化学的なという意味、peelingとは皮むきという意味です。つまりchemical peelingで化学的な皮むきという意味であり、そのままの意味に捉えて差し支えありません。

皮膚の細胞に薬剤で刺激を与えることによって新陳代謝を促し、その結果としてニキビ跡を消す方法です。刺激を与えるための薬剤としては、グリコール酸などが挙げられますが、これらの薬剤を皮膚の表面に塗布する事で、皮膚の表面を覆っている古い角質を取り除くことが出来るのです。

グリコール酸以外の薬剤で代表的なものとしては、トリクロール酸(TCA)や、フルーツ酸であるアルファヒドロキシ酸(単にAHAとも呼ばれます)などが挙げられます。ちなみにフルーツ酸という物質は、果物から抽出されることが多いためこのような名前がつけられています。そのほかにはフェノール、ジェスナーズ液、サリチル酸などもケミカルピーリングに使われます。現在、国内のエステ、皮膚科、美容外科などでは、ケミカルピーリングのためには約半数の機関でAHAが使われています。

AHAによるケミカルピーリングでは効果が永遠に持続するわけではなく、TCAによるケミカルピーリングを持続しますが、効果が出るまでに時間がかかるという難点があります。

ニキビ跡を消すためのケミカルピーリングでは、施術の前後の治療が重要とされています。皮膚の表面をピーリングするわけですから、皮膚は非常にデリケートな状態になります。そのため、化粧水や美容液を用いて保湿などの処置をしなければなりません。

カテゴリー: ニキビ跡を消す方法 | タグ: | コメントする